スカイラインに囚われて

製作会社

レラティヴィティ・メディア

レラティビティ・メディア(Relativity Media)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ウェスト・ハリウッドに拠点を置く独立系の映画製作・投資会社です。2005年に初製作となる短編映画『Jerry vs. Death』、翌2006年には長編映画『RV』が公開されています。2008年にソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント、ライオンズゲート、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ、パラマウント・ピクチャーズ、ユニバーサル映画と2015年までの映画の共同製作協定を結びました。2009年1月には、ユニバーサルからフォーカス・フィーチャーズのジャンル映画製作部門ローグ・ピクチャーズを約1億5000万ドルで買収しました。2010年7月にはオーバーチュア・フィルムズの配給・宣伝部門を買収しました。また2011年1月、同社はパラマウント ホーム エンタテインメントで事業社長を務めたスティーヴ・バートラムを最高執行責任者兼最高財務責任者に迎えました。

映画で感動!

ハイドラックス

Hydraulx(ハイドラックス)は、アメリカの視覚効果の製作会社です。カリフォルニア州サンタモニカに所在します。2002年にグレゴイルとコリンのストラウス兄弟によって設立されました。2005年にはハリウッドの大作映画において700ショットもの視覚効果を担当しています。 経営者であるストラウス兄弟は映画『AVP2 エイリアンズVS.プレデター』において初めて監督業に乗り出し、続く『スカイライン -征服-』においては監督を務めただけでなく、Hydraulxによる製作を実現しました。

あの名作を大紹介!
昨今優秀な人材を囲い込むためにも柔軟な勤務体系導入に向けて、中国語教室 新宿度を採用 する企業が増加しつつあります。 ただメンバー全員が揃っての会議の方法が?